エアコン取り付け工事を安くするには

生活に必要な家電やそれに付随した工事に限ったことではありませんが 「良いもの、質の高いものを安くしたい。」と考えると思います。 エアコンの取り付け工事も例外ではないと思います。 では、どういうことに気を付ければいいのか、どういう手順が必要なのかを ご紹介します。

安くするためのその1「現状を把握する」

安くするためには先ず自分の取り付けの状況を把握する必要があります。 状況をなるべく正確に工事施工業者に伝えることで見積りの精度も上がって、 料金も実際に支払う金額に近くなり比較もしやすくなります。 では、状況把握の上で見ておくべき点を簡単にご紹介します。

1・エアコンの情報

・容量:何畳用のエアコンなのかを調べておく
・電圧:何ボルトの電源い対応しているか。特に容量の大きいエアコンの場合。
・製造年月日:古いエアコンの場合取り付け自体受付が難しい場合が有るため。
面倒なら型番を調べて伝えて頂ければお調べいたします。

2・取り付け位置

・室内の状況:
a・配管穴があいているか。
b・その穴の中に予め配管が埋め込まれていないか(隠蔽配管ではないか)
c・天井付近の専用コンセントがあるか。
d・設置場所が和室で砂壁などではないか。
2-2 室外の状況:
・室外機の設置場所
a・標準:室内機と同じフロアー内の、真裏のベランダや廊下、お庭等に直におかれる。
b・二段置き:専用の金具(ラックのようなもの)を使って縦に室外機を並べて取り付ける方法
c・天井吊り下げ:ベランダの天井から金具を使用してエアコンの室外機を吊り下げて取り付ける方法。
d・壁面:エアコン室外機を建物の壁に金具を利用して取り付ける方法。
e・屋根上:屋根の上に室外機を置く方法で、こちらも別途専用金具が必要です。
f・立ち下し:室内機と室外機を違う階に設置する方法で室内機より下の階に室外機を設置する方法です。

3・その他状況

・都道府県
・取り付け予定の家のタイプ(一戸建て、マンションなど)
・電気は通っているか

安くするためのその2「比較してみる」

設置状況がつかめたらいよいよ料金を問い合わせしていきます。 この時、1社のみの問い合わせで決めてしまわないことが重要です。 必ず2~3社に問い合わせをして料金を比較してみてください。 また、エアコンに関しては「比較サイト」の形式をとっていても必ずしも 業界最安値になるわけではないので比較サイトを含めて数社に問い合わせすることを お勧めします。 その時に上記で調べた取り付け状況を業者に伝え見積もりを出して貰います。 それを数社行ってトータルで何処が一番安いかを比較することが工事料金を 安くする近道です。

安くするためのその3「自分でできることは自分で」

上記にやり方では業者の中で安い料金を選ぶことはできても劇的に料金を 安くは出来ません。そんな時は自分で出来ることは自分でしてしまうことが値段を ごっそりと削れますがその分リスクも増してしまいます。 また、自分でやってしまうと工事を受付してもらえない場合もあるので、自分で取り付けをする際はある程度の覚悟をもって行ってください。

エアコン関連のご案内

エアコン取り付け工事を安くするにはの料金のご案内いたします。
詳しい対象地域に関しては
TEL: 0120-012-026
MAIL : メールにて

tel-infoform-info

工事のどんな内容でもお気軽にてお問い合わせください。
また、メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

エアコン取り外し
エアコン取り付け
エアコン移設
エアコン新設
小フリー
小フリー

ページトップへ