自分で取り外した時の失敗例

エアコン工事の中では、難易度の低い工事です、が・・・ここではご自身で取り外し工事を試み、失敗した経験のある方からの情報をまとめてみました。

フロンガスの回収作業に失敗

・バルブの締め付けが不十分でガスが漏れてしまうパターン
・ガス回収が完了する前にバルブを閉めてしまい、冷房運転を停止してしまうパターン ガス回収作業は最も重要なポイントでもあり、再チャージする場合の金額が張りやすい項目でもあります。

補助配管を潰してしまう

エアコンには、最初から50cmくらいの補助配管と言うものが出ています。 この補助配管、硬くなっていることがほとんどです。それを動かした場合に根元から潰れやすく、次に取り付け工事をする際に使えなくなります。不要な部品と思って切ってしまうこともしばしば聞きますので、切らないでくださいね(エアコンに元々ついている部品に、要らない部品はありません)

室内機が外れない・・・。

メーカーにもよりますが、基本は室内機の下から2か所を軽く押しながら、ゆっくりと上に持ち上げれば外れます。室内機と言えども、不安定な体勢からの重量物と言うのは意外にも負担が大きいことがあります。ぎっくり腰をいわさないように注意が必要です!

室内機・室外機から配管が外れない・・・。

エアコンに接続されている配管は、適正トルクで締め付けられています。無理に外すと、機器が破損しその後取り付けることが出来なくなることもしばしば。修理で利かなくなることもありますので、リスクを伴う作業となります・・・。 大切なお家に大きな存在となるエアコン。一家に数台を取り付けていることも珍しくない時代です。ご自身でエアコンを付けられる場合は、大きな節約にはなりますが、危険が伴うほか、大きなリスクも伴いますのでくれぐれもご注意ください。

時間は大丈夫ですか?

失敗例の一つとして、やはり慣れない方がエアコンの工事をされると時間が掛かります。エアコンキングの職人が行えば30分で終わる作業のところを、3時間4時間かかってしまうケースもあります。普段作業されていない方がする場合は時間がかかって当たり前なのですが、費用×時間でみた場合、ご自身でエアコンを取り外されることでかかった膨大な時間は取り返しがつきません!時間を掛けた末に大きな節約、達成感を得られるのも確かな反面、大きなリスクもあります。エアコン取り外し工事くらいは見よう見真似で出来る、やってみると言う方はたくさんいらっしゃると思いますが、以上の失敗例を参考にしていただき、くれぐれもご注意下さいね。

エアコン関連のご案内

自分で取り外した時の失敗例の料金のご案内いたします。
詳しい対象地域に関しては
TEL: 0120-012-026
MAIL : メールにて!

tel-infoform-info

工事のどんな内容でもお気軽にてお問い合わせください。
また、メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

エアコン取り外し
エアコン取り付け
エアコン移設
エアコン新設
小フリー
小フリー

ページトップへ